2018年4月5日


 年収が低い層ほど

 喫煙率が高いことは皆さんよく知ってます。

 ささやかな娯楽と同じなのかもしれません。

 大五郎やガブガブ君、がんばりマン

 などの購入率も高いのかもしれません。

 結局、

 収入の多い人ほど、

 初期投資は高くても

 ランニングコストの低いものを

 購入し、結果的には

 出費の少ない生活を送れます。

 喫煙率、安価焼酎など

 初期費用の安い娯楽でも

 長期の愛用は

 結果的に、継続的な
 
 医療費を払う人が増えるのかもしれません。

 逆進性ランニングコストな日本でございます。

[戻る]