2018年3月10日


 都会の下町(したまち)にある銭湯の評価を

 あまりよくなく書き込んでる人がいらっしゃいまして

 その銭湯は地元の労働者とかが多く利用したり

 訳アリの人がよく利用してまして

「愛想が無い」「刺青が多い」など。

でも、住民のホームグランドに興味本位で行って

低評価して、それもどうかなと思ったり。

角打ち酒屋でも

「おかずが少ない」「長居が出来ない」

とか。

本来おかずは置いてはいけませんし、

角打ち立ち呑みは、店主さんは

サービスしちゃいけない法律になっていて

飲食店じゃないので

長居しないものなんですが・・・。

まぁ、

私もこの年になってようやくわかる事も多く、

あと20年若かったら

自分も同じように思っていたのでしょう。

ああ、自分も昔はそうだったな・・・

と、忘れない様にしたいです


[戻る]